2007年08月18日

奈良市 「カナカナ」

070814_1244〜01.jpg さて、こないだ奈良に旅行に行ったときの最初の目標がこちら「カフェ カナカナ」である。ここのウリは写真の日替わりメニュー「カナカナごはん」。古い日本家屋を改築してカフェにしたというこのお店の中で食べると、まるで近所の知り合いの夕食におジャマしたような気分。
 ごはん、かぶらのみそ汁、豚の角煮、ひじき、里芋のごまだれソース、冷やしトマトのそうめん、お豆さんの和え物、そして緑茶プリンというのがこの日のメニュー。豚の角煮にかかっている謎のソースがもう絶品で、このソース一体何!?と一緒に行った方と二人で首をひねっていたのだが、とにかくおいしかった。里芋もトロトロ。
 強烈なアクセントはないが、その分旬の素材を使って本当に落ち着いて食べられるようにアレンジされている。オーガニックであるとかそんなこと抜きに、日本のスタンダードな食事をストレートに味わうことが出来る、ありそうでないカフェでした。
 ここら一帯は静かな住宅街なのだが、昼過ぎになってもまだ行列ができていた。旅行のパンフレット片手にやってくる方も多く、わざわざここまで来て食べたいということにもうなづける、本当に素直な味でした。
 ちなみに写真はないが、コーヒーもしくは紅茶もついており、僕が選んだハーブティーがまた最高で、気持ち的に涼しくなれる、そんなひとときを満喫したのだった。どうも、ごちそうさまでした♪。

 カナカナごはん1,100円の他、エビカレーも人気。
 近鉄奈良駅下車、商店街を抜けて猿沢池へ。その池の南東にある道を南に進み、信号を直進して十字路を左折した先にあります。おそらく人が並んでいることが多いのですぐわかると思いますが、左手に見えてくる「奈良まち工房」という建物の2つ隣です。
posted by あらい at 22:27| Comment(29) | TrackBack(0) | 食べ物色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月13日

大浜中町 「Lani Cafe」

070812_1419〜01.jpg 日本人にハワイ好きは多いのに、何故かこういうハワイ系のカフェって少ないような…。とにかく、堺の湾岸部で、かつては海水浴場があった大浜にあるLani Cafeに行ってみた。ハワイのノースショアにあるカフェをイメージして作られたお店である。
 比較的交通量の多い場所柄ではあるが、その中にポツンと浮世離れした白い外装に7upの看板(スプライトの親戚みたいなもの。アメリカの定番清涼飲料水)があり、ハワイ好きの心をくすぐられる。中に入ると、それはもう、ゆるーいサーフロックだのレゲエだのがのんびり流れていて、お店のお姉さんたちもオシャレなロコ(ハワイの現地の人)が着そうな服でお出迎え。
 ランチメニューもあったのだけど、すでに昼食を済ませてきたので、P.O.M.(パイナップル・オレンジ・マンゴーのジュース。ハワイはこういうごちゃ混ぜ系が多い。そういやロコモコもごちゃ混ぜ系ですね)と、キラウェアケーキを注文。このケーキ、中につぶつぶが入っていて、これは何だったのか聞くのを忘れてしまったが、でもハワイで似たようなものを食べたことがある気がする。
 とにかくユルい空気なので、ボケーッとしているだけでも幸せ。友人と行くともっといいやろなあ。フードメニューを見るとサイミン(エビの出汁で作るハワイアンラーメン)やスパムむすびなど、向こうのメニューが勢揃いしているだけでなく、ノースショアのお供、ガーリックシュリンプライスもちゃんとある!今度来たときは是非ランチを食べよう。ちなみに、ここは食材もオーガニックにこだわっていて、おそらくハワイ現地で食べるよりも健康的にアレンジされていると思う。向こうは量がすごいからなあ…。

 下手に色々観光客向けにいじられているホノルルやアラモアナよりも、ひょっとしたらハワイらしいカフェかもしれない。時間の流れが本当にゆっくりなハワイアンカフェ、是非一度足を運んでみて下さい♪
 地下鉄住之江公園駅、もしくは南海電車堺駅より大阪市営バスの「出島」行きに乗り、「大浜中町」下車徒歩1分。他、堺駅から徒歩南に15分、阪堺電車「寺地町」駅より西へ徒歩10分。「大浜中町」交差点の、セブンイレブンの道路を挟んだ向かい側です。駐車場はお店にも近隣にもないので、各交通機関をご利用下さい。夜はディナー営業、さらに深夜にはバーの営業もあります。火曜定休日。他の詳細はホームページを御覧下さい。
posted by あらい at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月26日

西田辺 「ゆきの」

070626_1837〜01.jpg 雑誌でかなり大々的に特集されていたこのお店が気になり、ライター仕事とラッパのレッスンの間に時間があったので、わざわざ西田辺駅まで行ってきた。母校の高校が近くにあるため、この界隈は割りと馴染みがある。
 阪和線の高架の下をくぐり、「山坂3丁目」のバス停の前にあるこのお店には、すでに1人外で待っていた。お店の中にも4人椅子に座って並んでいた。外で立っていた方の話によると、今日はたまたますいていたから並んだ、普段なら20人ぐらい並んでいるからねえ、とのことである。これはラッキー♪
 そんなわけで、窓の外から中の様子をちらちらうかがい、うまそうにうどんをすすっているお客さんを見て、いいなあいいなあ早く食べたいなあ、と思いながら待つこと20分、ようやく前に並んでいて仲良くなった兄ちゃんと二人で席につき、このお店の名物の一つである天おろしぶっかけうどんが到着!!
 見よ、このボリューム。だしの中に浮かぶツヤツヤのうどん、揚げたての暖かい天ぷらたち、食欲をそそる大根おろしに生姜。まさにこの器の中は完成された小宇宙、ビオトープと言っても過言でない。
 やや長めでコシの強いうどんをすするこの快感。噛みごたえのある麺が舌をなでる快感。ナスの天ぷらが心地よく口の中でメルトダウン(笑)している快感。なんて贅沢な時間…!!五感全てが満足するうどんであった。
 いやー、今までラーメン派だったけど、これはすごい。しばらくうどんにハマりそう。とにかく、讃岐にもない、関東にもない、独特のうどん文化が出来上がっている大阪なんだし、もっと色々食べてみたくなった。いやしかし、ここはわざわざ食べに行く価値は、大ありです。
 よくよく考えたら、実は高校時代にこのお店があびこ筋の裏側にあったころ、友人と一度来たことがあって、そのときは釜揚げうどんを食べたなあ。あれもおいしかったなあ。何故かその場に当時の国語の先生がいらっしゃって、おっ、釜揚げとか通やな、とか言われたのを思い出す。
 窓際の席に座っていたけど、食べているときに窓の外をちらっと見ると、おばさんたちが外からジロジロ…。気がついたらすごい行列ができていた。うしし、お先にいただいてます、という目線だけ送り、あとはうどんに集中。ああ、これはホンマにおいしかった。

 地下鉄西田辺駅下車、東へ8分、またはJR阪和線鶴ヶ丘駅から北へ10分、南田辺駅から南へ12分。3番系統「地下鉄住之江公園〜出戸バスターミナル」のバス停「山坂3丁目」の目の前。写真の天おろしぶっかけうどん、なんと750円!!他に、かき揚げぶっかけうどん730円が有名。11時〜13時30分、17時〜19時30分営業、ともに売り切れ次第終了。たぶん並ばないといけないのでお早めに。6月いっぱいまで月曜休(土日祝は昼のみ)、7月より土日祝休。

posted by あらい at 23:55| Comment(9) | TrackBack(1) | 食べ物色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

北加賀屋 「Espresso Bar SOLUNA」

070508_1247〜01.jpg 割りと飲み屋や焼肉屋といった、どちらかというと酔っぱらいが集まりそうな感じのお店が多い北加賀屋の駅周辺だが、その中で異様に明るい、昼間に映えるようなお店を発見。エスプレッソとパンが売りであるという。
 カウンター6席、テーブル4席の細長い店内は、まさに「明るいバー」といった感じで、お酒のビンも置いてあるものの、やっぱりここのメインはあくまでコーヒーである。メニューにはお酒の名前は書いておらず、アルコールは(たぶん)出ない。でも、カウンター席に座るとお店の方とあっという間に仲良くなれるし、そのあたりはバーのノリだなあ。そして、大型オーブンで注文を聞いてから焼くパンはアツアツで本当においしい!クロワッサンはサクサクだし、ソーセージ入りチーズブレッドもホクホクだし。こんなお店が近所にあったら毎朝通いそう。070508_1248〜01.jpg
 昼間からお酒を飲んでだらだらするのもたまにはいいかもしれないけど、やっぱりこんなバーのようなカフェで、コーヒーを飲み、パンを食べつつ、お店の方や友だちと談笑する方が、かっこいいよなあ。

 地下鉄四つ橋線北加賀屋駅4番出口下車、すぐ隣の細い道を入ってすぐ。6時〜18時の営業。コーヒー、カフェオレなどが400円、カプチーノ、キャラメルマキアートなどが450円、紅茶類400円より。ドリンク代金プラス100円でパンと玉子がついてきます。
posted by あらい at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

中加賀屋 「Cafe & Restaurant Bar "Fair"」

070412_1245〜01.jpg 僕の住む住之江区にはなかなか良い感じのお店がなかったのだが、mixiでこのCafe & Restaurant Bar "Fair"というお店の存在を知り、ちょっと用事があったついでに南港からえっちらおっちら自転車をこいでお伺いしてみた。
 場所は閑静な住宅街のど真ん中で、住之江公園の裏手にある。ちょっとモダンなアレンジをなされたボサノバが流れ、白と木目を基調としたオシャレな内装という様子の店内はとても居心地が良かった。女性客が多く、クールな中でも心地よいユルさがあり、地元の憩いの場となってるんだろうなぁ。近くにこんな通いたくなるような場所がほしいものである。
 余談だが、ここに来る前に久々に姫松橋の辺りを通ったのだけど、以前よりも活気があるような気がする。住之江区にはまだまだ、わざわざよそから来てまで訪れる場所がないように思うから、こういうお店には本当にがんばってほしいと思う。
 12時〜14時のランチタイムメニューは日替わりで2種類選ぶことができ、プレートランチ680円、ドリンクつき800円、プラス150円でケーキをつけることができる。写真のものは豚肉とタケノコのオイスターソース煮とエビチリ。これ以外にスープつき。
 ランチタイムでなくても、入りたくなるこの空間。また近くに来たときには訪れようと思う。

 地下鉄四つ橋線住之江公園駅、北加賀屋駅から徒歩10分。住之江公園駅から出ている「あべの橋行き」などで、姫松橋のバス停下車すぐです。
posted by あらい at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

鴫野 「仙酔庵」

070403_1834〜01.jpg さて、今回訪れたのはそば屋さんである。JR学研都市線もしくは地下鉄今里筋線の「鴫野」駅を下車して、JRの高架沿いのびっくりラーメンのある細い道を東へ歩き、突き当たりを左に曲がり、2つめの筋を左に曲がったところに、たぬきがドンと座っている立派な日本家屋の入り口があるのだが、それがこのお店である。見た感じ京都の嵯峨野料理屋さんみたいな面構えである。住宅街のど真ん中にある異様な建物だ。
 日本庭園の見える広々とした座席は何だかそこでそば茶を飲んでいるだけでおちつくものだ。人形が飾ってあったり、そば焼酎が置いてあったり、本当に高級料亭みたいである。
 さて、僕は手打ちのはいからそばを注文した。ここは「十割そば」と「手打ちそば」の2種類を選ぶことができる。「十割」はそば粉のみの機械打ち麺で、手打ちはつなぎ2割そば粉8割の手打ち麺である。そして、日本庭園をボケーッと眺めていると出てきたそばがこれである…!070403_1851〜01.jpg
 極細麺は思っていたよりも透き通っていて、携帯で撮ったちゃちい写真なので分かりにくいが、そば粉のつぶつぶがはっきりわかる。こしも強すぎず弱すぎず。香りもすごい良い!うわあ、こりゃすごいなあ。日本は「腹八分目」の文化であるけど、お腹が、そば六割、香り二割、お店の雰囲気二割で満たされる感じ。後味も本当にさわやかで、七味唐辛子なんか必要ないぐらいだった。ごちそうさまでした。
 よくうどんは関西、そばは関東、という言葉を聞くけど、これなら東京の人にも自信を持っておすすめできそう。東京の人のそばの好みはよく知らないけど。

 十割そばは、かけ650円、はいから750円、鴨なん950円、そばらーめん1200円(めっちゃ気になる!また次来たとき頼んでみよう)、天ぷら1700円など。手打ち麺は200円増。
 他に、おでん各種130円、ゆばさし750円、ゆば丼1500円などサイド料理も充実。さらに会席料理があり、鶏なべ3000円、熊なべ7000円、牛しゃぶ8000円、そば会席10000円から。また、喫茶セットもあり、十割りセット(珈琲か紅茶と十割そばケーキ)400円など。昼食に、おやつどきの休憩に、喫茶代わりに、夕食に、いつでも使えます。駐車場5台まであり。11時半〜21時、水曜日定休日。会席料理は要予約です。
posted by あらい at 00:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 食べ物色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

南港ATC 「SPUDS」

070402_1332〜01.jpg えー、3月は更新サボりすぎました。すみません。もっとこっちもがんばって更新していきたいと思います。

 さて、本日お伺いしたのは、「全日本ビッグポテトコンテスト」なる、へぇ、そんなんあったんや、と思わされるようなコンテストで見事No.1を勝ち取ったフライドポテトが売りのハンバーガー屋さん「SPUDS」(スパッズ)である。写真のはチーズバーガーにチーズンフライ(フライドポテトにチーズをかけたもの)とドリンクセットで800円。
 ハンバーガーは割りとあっさりした味付け。今回はチーズバーガーを選んだが、「テキサスバーガー」なる、チーズとチリビーンズのバーガーがすごい気になる。
 そして、ポテトであるが、ホクホクなのはもちろんのこと、全然脂っこくないのが特徴。ギトギトしておらず、すごい食べやすい。また、チーズソースがおいしいのなんので、思わずポテトだけまたもう一つ頼んで持って帰りたくなったぐらい。
 チーズに限らず色々ソースを選べる。気になったのが、メキシカンサルサソースとチーズをかけた「サルサフライズ」、納豆と刻みタマネギ、マヨネーズ、マスタードを混ぜた「納豆フライズ」。これらはまた次来たときに食べてみよう。手を汚さないためにお箸がついているのがニクい(笑)。

 バーガー370円、チーズバーガー390円、テキサスバーガー470円の他、サルサチキンサンド420円、ベーコン6枚、チーズ2枚、タマネギ、バーベキューソースのモンスターバーガー720円(いずれも単品価格)など。ポテトとのセットもあり。ソースのかかったポテトはすべて単品350円。また、世界各国のビールやカクテルもおいてあり、レストランでお食事したあとにダラダラする場所としても使えそう。100インチのプロジェクターの設置も予定されており、これから色々とおもしろくなるかもしれない。

 ニュートラム「中ふ頭」もしくは「トレードセンター前」駅下車、ATC南館2階の、エスニック雑貨屋「マライカ」の隣です。
posted by あらい at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月31日

名古屋駅地下 「味串」

070331_1142〜01.jpg 味噌カツにトライ。写真のものはヒレカツ4枚に味噌をかけて半熟卵をのせた味噌カツ丼。
 なんというか、おいしいんだけど、カツがなくなってごはんだけになるとしんどい。
 そして、たぶんもっとおいしいお店は他にあるだろうな、という印象だった。
posted by あらい at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月10日

難波 「自由軒」

070309_1837〜01.jpg えー、こちらのブログの更新さぼっててすみません。がんばって更新します。

 さて、以前天保山店には行ったけど、やはり本店には行っておかないといけないと思って足を運んだ難波の「自由軒」。もうこのお店とくれば何を紹介するかは大体ご想像がつくと思うが、ここのメニュー「名物カレー」が目当てである。「織田作之助好み」というのがキャッチフレーズなのだが、残念ながら僕は織田作之助の作品は読んでいないので、ああなんとなく昔からあるカレーなんだろうなぁ、とぼんやり思った(実際のところこのお店は明治43年創業である)。
 写真のようなカレーが運ばれてくる。父上の話によると、昔カレーライスと言えばこの写真のようなものを指していた、と言う。これにウスターソースをちょろちょろっとかけて、すでに乗っかっている卵と混ぜて食べるのだが、シンプルなんだけどふくよかで上品な味がして、どちらかというと辛めだけど、心地よい辛さで、後味も良い。量は僕には若干少なく感じたが、今まで生き残ってこられた理由というのもなんとなくわかる、独特の味だった。
 ちなみに、僕らが普段食べている、ごはんとルーが別になっているものは「別カレー」というメニューで売り出されている。他、「ハイシライス」(誤字じゃないですよ)にも「別ハイシ」というのがあり、昔はごはんと混ぜこぜにするのが普通だったようで。
 他にも、洋食セットなんか、まさに昔の洋食を絵に描いたそのまんまのもの出してくれるから本当にうれしくなる。こういう博物館級のお店、まだまだ残ってもらわないといけないね。
 
 なお、よくある「カレーライス」と「ライスカレー」とどう違うか、という問いがあるが、これには様々な説があるものの、その中の一つには、元々「カレーライス」がここの「名物カレー」のような形、「ライスカレー」がここの「別カレー」みたいな形だったとされる。それが時がたつにつれ混同されるようになったからややこしくなったというものがあるそうだ。本当かどうか知らないけどね。
posted by あらい at 11:11| Comment(0) | TrackBack(1) | 食べ物色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

難波 「松屋」

070214_1924〜01.jpg 「松屋」と言っても牛丼屋ではない。難波にある立ち食いうどん屋のことであり、僕が小学校時代からお世話になっているうどん屋である。
 こないだ久々に行ってみたら、当時と値段は全く変わっておらず、味も器も変わっていなくてうれしかった♪
 ここら一帯では圧倒的な安さのために、色んな方がこのお店で食事をなさっているから面白い。よく小さいころはホームレスのおっちゃんと肩を並べながらうどんすすったものである。
 おいなりさん2個100円、素うどん180円!よほど色々乗せない限り、うどん単品で300円を越えることはないという安さ。もちろん、めちゃくちゃおいしいというわけではないのだけど、やっぱりホッとする庶民の味で、立ち食いうどんとしては十分合格の味。いつまでもここにあってほしいと思う。

 ちなみに、このうどん屋の松屋の隣には牛丼屋の松屋があり、これも昔からずっと同じところにあるのだった(笑)。どっちが先に建てたんやろか…?

 551の蓬莱本店の近くにあります。是非一度探してみて下さい。
posted by あらい at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

玉出 「力餅食堂」

070217_1813〜01.jpg カレーうどんが有名というわけでやってきた、いつも通っているビデオレンタル屋さんの近くにある「力餅食堂」へ行ってきた。
 店の外観、そして内装は普通の大衆食堂といった感じ。でも、雑誌に載るほど有名なカレーうどんを提供するということで、食べる前から楽しみ♪

 さて、お味だが、カレーはそこまで辛くないものの、後からじわじわくる辛さ。また、カツオの出汁がきいてて、それがほどよいまろやかさを演出している。うどんの麺はもちもちしていて、食べごたえがあり。大衆食堂っぽいから、あの、お湯にちょっとつけてザルに上げてちゃっちゃっちゃ、を想像していたけど、ああいう立ち食いうどんでは出せない感じのもちもちさである。
 難点としては、レンゲが見たことないぐらいの浅さで使いにくかった。あれではほとんどカレーをすくうことができないではないか。いやでも、本当においしかった。僕がカレーうどんを注文したら、店内がカレーうどんのにおいでいっぱいになって、僕の後に来たお客さんたちは次々にカレーうどんを注文したのがなんだか笑えた(笑)。

 地下鉄玉出駅下車、1番出口を出て北へ直進。大阪王将の道路を挟んだ向かい側。「玉出中1」の交差点のすぐ近くです。
posted by あらい at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

川西能勢口 「泉屋」

070213_1553〜01.jpg JRの川西池田駅から阪急の川西能勢口駅のあたりを散歩していると発見した、越後の地酒専門店「泉屋」で販売していた「地酒ケーキ」。こんな普通のお皿に載せてしまってはビジュアル的にも普通なんだけど、このケーキが新感覚!
 ものすごいしっとりしていて、一口ごとに感動してしまう(笑)。お酒の粕をふんだんに使用していて、香りがすごい良い。また、ケーキを飲み込むと、粕汁を食べた後のように、喉元が弱いアルコールでほんのり温かくなる。へぇ、日本酒もこんな楽しみ方があるのか。

 めちゃくちゃおすすめです。阪急の川西能勢口駅の北口を出て、ロータリーの西側にある細い道に入ったすぐそこにあります。6個千円。地酒とセットで3千円というのもあり。他に、各種日本酒がずらーっとそろっていたり、おつまみもかなりマニアックです。
posted by あらい at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

玉造 「Magatama Cafe」

070210_1146〜01.jpg リハーサルまで時間があったので、久々に玉造の駅前にある「Magatama Cafe」でランチをしに行った。以前ここでブラジル音楽のライブをわいわいさせていただいたように、月1回定期的にライブを行なったり、また定期的に展覧会なども催される。
 写真のものは「Maga-Taco ライス」というここのお店でおそらく一番人気のオリジナルタコライス。普通のタコライスと比べてマヨネーズがふんだんに使われており、マヨラーにはたまらない(笑)。メニューにはピリ辛と書かれていたけど、辛さは別に強調されているわけではなく、食べやすい。650円。
 他の人気メニューは「チャーシュー丼」680円など。また、オリジナルの「Magaチャイ」480円、炭焼きコーヒー300円(アイス350円)など、飲み物も充実してておもしろい。何度も足を運びたくなるメニューの豊富さである。

 JR玉造駅と長堀鶴見緑地線玉造駅のちょうど間にあります。TSUTAYAの横です。
posted by あらい at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

北助松 「九龍」

070209_1347〜01.jpg 本日の取材先のあたりで唯一ネット上でも良い評判を見つけたお店「九龍(クーロン)」のお昼の麻婆豆腐定食。750円と妥当な値段。白い小さなポットは山椒。でもちょっと濃いめの味付けというか、普通のものよりも油を多く使っている感じだったから、山椒はいらんなぁ。
 量も多いし、おいしかった。

 南海本線北助松駅より東へ徒歩5分です。
posted by あらい at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。