2007年07月16日

今敏監督 「千年女優」

千年女優千年女優
販売元 : Amazon.co.jp DVD
価格 :
[タイトル] 千年女優
[出演]
[レーベル] バンダイビジュアル
[監督] 今敏
[種類] DVD

>>Seesaa ショッピングで買う


 アニメ映画といえばジブリの天下になってしまっている昨今なので、他のアニメ映画はなかなか大々的に宣伝されないきらいがあると思う。いや確かにジブリはジブリで素晴らしいのだけど(ゲドは最悪やったけど)、もちろん素晴らしいアニメ監督が勢揃いしている日本なんだから、もっと素晴らしい作品には文句無しで世に広まったらいいのに…と、僕のボヤキはどうでもいいので、とにかく書いていこうと思う。

 今敏(こん さとし)監督の作品が今僕の中でブームであり、他にも「東京ゴッドファーザーズ」「パプリカ」を立て続けに見た。どちらもクオリティが高く本当に素晴らしい作品で、なんで今さんが宮崎さんなみに宣伝されないのか不思議で仕方ないぐらいであるが、その今監督の作品の中でも特に感動して、胸に染み入ったのがこの作品、「千年女優」である。日本だけでなく世界でも絶賛されて数々の賞を勝ち取ったこの映画、ご存知だろうか?
 あらすじはwikiでも何でもあちこちに載っているのでここには書かないが、藤原千代子という女優の生き様が、初恋の男性をずーっと追いかけるあのチカラ、それだけで人生を最後まで駆け抜けて行くという、純粋な美しさと悲しさに満ちていて、観客はそのパワーに圧倒され、立花と一緒に振り回されるような、そんな感覚の映画だった。
 千代子は、自分は年老いて行き、少女のころの自分でなくなってしまった、という現実を知ってしまい、ずっと隠居をしてしまうのだが、立花が持ってくる鍵が、心の中に秘めていた何かをこじ開けてしまい、そこからパンドラの箱をひっくり返したように、千代子の中から様々な回想と現実の入り交じった不思議な世界が溢れ出てきた。
 回想シーンの中に入り込む立花は元々彼女の魅力を熟知している人物だからすんなり入り込めるのに対して、関西弁のアシスタントは最初はやや冷めた目線で随所随所に突っ込みを入れるのだが、やがてそれも少なくなっていくのに気づく。そう、知らずに彼も千代子のパワーに圧倒されてしまったのである。
 千代子は、ずーっと女優、そして、ずーっと初恋をしたあのころのままの心の持ち主なのだ。だから立花たちアニメの中のキャラだけでなく、映画を観る側も、どこまでも走り抜ける彗星のごとき美しさ、すなわち瑞々しいパワーに惹かれるんだろうな。最後のセリフには賛否両論があるかもしれないけど、僕はあのセリフで胸が熱くなったのだから、アリだと思う。それでもまだまだ走り続けるパワーを感じさせる、「少女」の心から生まれたセリフなのだから…。

 なんというか、見終わった後には、快活に人生を生きる千代子の清々しさと、特急列車が通過していった後のような淋しさが残る。もっとこの作品を見続けていたいのだけど、その背中はもういつの間にかあんなに遠くまで行ってしまった…そんな気持ちにさせられるのだった。
posted by あらい at 22:05| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画を見る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。