2007年06月26日

西田辺 「ゆきの」

070626_1837〜01.jpg 雑誌でかなり大々的に特集されていたこのお店が気になり、ライター仕事とラッパのレッスンの間に時間があったので、わざわざ西田辺駅まで行ってきた。母校の高校が近くにあるため、この界隈は割りと馴染みがある。
 阪和線の高架の下をくぐり、「山坂3丁目」のバス停の前にあるこのお店には、すでに1人外で待っていた。お店の中にも4人椅子に座って並んでいた。外で立っていた方の話によると、今日はたまたますいていたから並んだ、普段なら20人ぐらい並んでいるからねえ、とのことである。これはラッキー♪
 そんなわけで、窓の外から中の様子をちらちらうかがい、うまそうにうどんをすすっているお客さんを見て、いいなあいいなあ早く食べたいなあ、と思いながら待つこと20分、ようやく前に並んでいて仲良くなった兄ちゃんと二人で席につき、このお店の名物の一つである天おろしぶっかけうどんが到着!!
 見よ、このボリューム。だしの中に浮かぶツヤツヤのうどん、揚げたての暖かい天ぷらたち、食欲をそそる大根おろしに生姜。まさにこの器の中は完成された小宇宙、ビオトープと言っても過言でない。
 やや長めでコシの強いうどんをすするこの快感。噛みごたえのある麺が舌をなでる快感。ナスの天ぷらが心地よく口の中でメルトダウン(笑)している快感。なんて贅沢な時間…!!五感全てが満足するうどんであった。
 いやー、今までラーメン派だったけど、これはすごい。しばらくうどんにハマりそう。とにかく、讃岐にもない、関東にもない、独特のうどん文化が出来上がっている大阪なんだし、もっと色々食べてみたくなった。いやしかし、ここはわざわざ食べに行く価値は、大ありです。
 よくよく考えたら、実は高校時代にこのお店があびこ筋の裏側にあったころ、友人と一度来たことがあって、そのときは釜揚げうどんを食べたなあ。あれもおいしかったなあ。何故かその場に当時の国語の先生がいらっしゃって、おっ、釜揚げとか通やな、とか言われたのを思い出す。
 窓際の席に座っていたけど、食べているときに窓の外をちらっと見ると、おばさんたちが外からジロジロ…。気がついたらすごい行列ができていた。うしし、お先にいただいてます、という目線だけ送り、あとはうどんに集中。ああ、これはホンマにおいしかった。

 地下鉄西田辺駅下車、東へ8分、またはJR阪和線鶴ヶ丘駅から北へ10分、南田辺駅から南へ12分。3番系統「地下鉄住之江公園〜出戸バスターミナル」のバス停「山坂3丁目」の目の前。写真の天おろしぶっかけうどん、なんと750円!!他に、かき揚げぶっかけうどん730円が有名。11時〜13時30分、17時〜19時30分営業、ともに売り切れ次第終了。たぶん並ばないといけないのでお早めに。6月いっぱいまで月曜休(土日祝は昼のみ)、7月より土日祝休。

posted by あらい at 23:55| Comment(9) | TrackBack(1) | 食べ物色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。